「餅つきプロジェクトIN宮城」

4月10(日)公益社団法人日本青年会議所 ナショナル・アイデンティティ創造グループが主催する『餅つきプロジェクトIN宮城』に参加してきました。LOMからは深作理事長、梅澤直前理事長、大塚室長、私今野、古志委員長、村瀬委員長、日本JC出向組として浦田委員長、熊木、鈴木誠、大宮のメンバーです。

早朝、仙台市若林区荒浜の海岸を視察後、六郷中学校にて6:00より炊き出しスタート。日本各地から集まったメンバーの手際の良さでアッという間に餅米が炊きあがり、臼でこね始めると、体育館で被災されていた83才のおじいちゃんが、こうやってやるんだ!と、見事なお手本を披露されていました!

一度、本体とは別に、亘理・名取・塩竃・七ヶ浜・多賀城・仙台市内と視察。その間、深作理事長は、臨時はり灸治療院をオープンし、30名以上の被災者の方へ心と体のケアを行ってきました。

これから浦安JCも、『がんばろう浦安!スマイルアゲインプロジェクト』と題し、事業を展開していきます。
ガンバロウ浦安!ガンバロウ日本!
青少年わんぱく冒険委員会 担当室長 今野厚史

2011年一覧へ