第63回全国大会 松山大会

10月11日、12日に「第63回全国大会 松山大会」が開催されました。今回の全国大会は、「取り戻せ、日本の矜持を!〜「ことばのちから」が「たくましい国」日本へと導く〜」というテーマで、今日の礎を築いてこられた先達の価値観や歴史、伝統、文化に誇りを抱き、日本の未来に希望をもち、人と人、人と地域が共鳴する運動を力強く推進していきました。

 

文学と深いつながりのある松山の地において、人と人とのつながりを固めるうえでの「ことば」の重要性を再認識できたと思っております。司馬遼太郎の名著「坂の上の雲」は「坂の上」にうかんだ「雲」を目指し、脇目をふらずに突き進んでいく若者の群像を描いています。私たちの運動も事業を行なう過程で様々な困難にあ うかもしれませんが、最初に決めた目的に向かって最後まで突き進めていければと思います。

 

基礎づくり総務委員会

2014年一覧へ