ご挨拶

                                ご挨拶

 本日、1月1日から、公益社団法人浦安青年会議所第37代理事長を務めさせて頂くことになりました、西川嘉純(さいかわよしずみ)と申します。

 浦安青年会議所は、「わんぱく相撲浦安場所」や、若者たちの浦安への愛郷心醸成を目的とした、学生インターンシップ「人と地域をつなぐ就業体験事業」などを行っています。

【一(いっ)燈(とう)照(しょう)隅(ぐう) 萬(ばん)燈(とう)照(しょう)国(こく)】
 本年はスローガンを「一燈照隅 萬燈照国〜気概溢れる人財による魅力ある浦安アイデンティティの確立〜」とさせて頂きました。新スローガンの下、あらたな発想でより能動的なJAYCEE、そして青年経済人として成長するための「イノベーション」をテーマにした研修事業、また子どもたちに日本の素晴らしさを伝える「ジャパンプライド育成」事業、そして浦安の魅力を活かしたまちづくり(新たな文化創造)事業など、積極的に展開して参ります。

 「一燈照隅 萬燈照国」とは比叡山延暦寺を開いた伝教大師・最澄の言葉で、「最初は一隅を照らすような小さな灯火でも、その灯火が十、百、万となれば、国中をも明るく照らすことになる」という意味です。私たちの運動が広がり、この浦安が明るい豊かなまちになって欲しい、そのような想いを込めて掲げさせて頂きました。

【青年会議所とは】
 奉仕・修練・友情を信条として、より良い社会を目指す、20歳から40歳までの青年の集まりです。研修事業や各種ボランティアやまちづくり事業にはじまり、行政への提言など、社会的課題にも積極的に取り組んでいます。最近では経営者だけでなく、企業に勤めるメンバーも増えてきました。社会貢献を通じて自己啓発や組織運営なども学べ、自らを高められる団体です。なによりも最大の魅力は地域に集う同世代の若者、そしてOBを含めた様々な業種業態の人たちとの人的ネットワークが築けるということです。ご興味ありましたら、ご説明に伺いますのでぜひご一報ください。

【気概溢れる人財による魅力ある浦安アイデンティティの確立】
 浦安青年会議所は昨年、35周年を迎えさせて頂きました。皆様のおかげさまをもちまして無事、周年事業を終えることができました。あらためましてこの場をお借りして関係諸団体の皆様、そしてご参加頂いたすべての皆様に感謝と御礼を申し上げます。
 本年より、次の周年に向けてあらたなステージに入ります。先輩諸兄が積み重ねてこられた35年の歩みに敬意を払いつつ、より高みを目指して組織を進化させ、メンバー一丸となって浦安のあらたな価値「アイデンティティ」の確立に向け邁進して参ります。

 むすびとなりますが、関係各位の皆様におかれましては引き続きのご指導、ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

写真

平成二十八年一月一日
公益社団法人浦安青年会議所
理事長 西川 嘉純

2016年一覧へ