ブリオベッカ浦安公式マスコット名決定!!

ブリオベッカ浦安公式マスコット名募集は、名前を考えて頂く上でこれまで取り組んできた事業・例会の趣旨、またブリオベッカ浦安のチームのこと、そして浦安のことを踏まえて考えてもらい、チームおよび浦安市をより身近に感じ、愛着を持ってもらうことを目的に行いました。

本年度は市内のスポーツに対する意識を喚起するために、「浦安」の冠を持って全国で戦っているチームである「ブリオベッカ浦安」を盛り上げることで、新たな文化へと昇華させる「スポーツ文化創造事業」を展開してきました。ブリオベッカ浦安はJFLに昇格し、ホームゲームが市内では出来なくなっています。チームとして今が正念場であり、「スポーツ文化創造」の切り札になり得るチームがなくなることによる、浦安への損失は大きいと考えます。まずはチームを知って頂くことが必要と考え、広く参加が可能なマスコット名募集をマスコット募集に引き続き市民まつり会場にて行いました。

マスコット名募集は、マスコット募集と同じく、チームに興味がなくても、またサッカーに興味がなくても、マスコット名を考える過程で、私たちの目指す方向性に触れることで、より多くの市民に私たちの考えを広めていくことが出来ます。 またマスコットの活躍次第では広くその「誕生意義」を今年度以降も広めていくことが可能です。

11月2日(月)に公益社団法人浦安青年会議所 理事長 西川嘉純、ブリオベッカ浦安代表 谷口和司氏、ブリオベッカ浦安後援会 会長 浦田一哉氏の3名で選考を行いました。
応募総数1,000作品のうち、一次選考で46作品に絞り込み、その後14作品に絞った後、他の使用状況などを確認の上、最終的に1点を選定致しました。 審査にあたっては親しみやすさ、インパクト、理由などをもとに総合的に判断しました。

総評

多くの参加者が募集の趣旨を理解し、チームのこと、浦安のことを考えながらマスコット名を考えて頂きました。最終的には1,000作品中、一次選考で46作品を、二次選考で14作品を選定、その後、インパクトや親しみやすさ、理由などを参考に最優秀作品一点を選定しました。

最優秀作品「べか彦」

選定理由

浦安は古い街並みと新しい街並みが混在している特色のあるまちです。かつては漁師町であり、元町には風情ある風景と、人情味が溢れています。その反面、新町はリゾート色のある美しい風景が広がっています。まさに、街自体にギャップがあり、そのコントラストが非常にユニークな街と言えます。「べか彦」というネーミングはまさにポップなマスコットでありながら名前はどことなく懐かしさを感じさせるものがあり、また老若男女に愛されるであろう親しみやすさと愛くるしさ、聞いた時のインパクトと意外性を持ち合わせており、ユニークな街、浦安には合っているのではないか、そのように考え、よくあるマスコット名ではなくインパクトと意外性でマスコットとともにチームも地域に浸透させていきたいとの思いから選定しました。

尚、苗字の「舞田」ですが、最終選考に残っていた「まえだくん」が、浦安三社祭の掛け声「マエダ」、「マイダ」から来ているとのことから、チームの勢いを前へ前へまた試合もファンが心躍る(舞う)ような試合を期待して、これもマスコット名にはこれまで例がない苗字として「舞田」として採用するに至りました。
以上の理由から最終的に、

舞田(まいだ)べか彦 

通称「べか彦」

と決定致しました。
またマスコット、マスコット名と合せてのプロフィールですが浦安市猫実在住、出席番号9番6年4組、男となります。

【第19回浦安市民まつりでのマスコットお披露目・柏の葉公園総合競技場でのマスコット並びにマスコット名紹介画像】

001 image12

P1040561 P1040580 image2

2016年一覧へ