11月第一例会「想いを繋げ・わんぱく相撲化粧まわし」の開催報告

11月1日(日)に11月第一例会「想いを繋げ・わんぱく相撲化粧まわし」を開催いたしました。

今年はわんぱく相撲を開催することが出来なかったので、わんぱく化粧まわしを作成し、市内の6年生を対象にわんぱく相撲に対する想いを4文字で募集しました。

最優秀女子の部には入船小学校の山田さんの作品「不撓不屈」が選ばれ、最優秀男子の部では南小学校の近藤さんの作品「正々堂々」が選ばれました。

6年生は最後の大会となる予定でしたが、わんぱく化粧まわしに託された想いを繋いでいきたいと思います。

また、今回作成された化粧まわしは、浦安市青少年館で11月より展示、その後12月から4月までは浦安市総合体育館で展示されますのでぜひご覧いただければと思います。

お忙しい中ご参加いただいた小学生の皆様と保護者の皆様、そして応募をしていただいた小学生の皆様、ありがとうございました。

また、当日は対談 「 わんぱく相撲の役割について 」をテーマとした東京都相撲連盟会長 板倉 和利 様 と 公益社団法人浦安青年会議所 わんぱく相撲実行委員会  委員長 飯塚 大樹 君の対談も 映像として視聴いただきました。この映像は是非小学生の皆様にご視聴いただき、簡単なアンケートにご協力いただきたく思います。

アンケート