「ドミノでGO!~3つの間で作る豊かな心~」開催報告並びに御礼

子どもたちの「遊び」を取り巻く環境は、パソコンや携帯型ゲーム機の普及などにより外遊びから室内遊び、集団遊びから一人遊びへと変化し、成長過程に必要な人との直接的なふれあいが希薄になっています。
日常の空間を抜けだし感受性豊かな大人へと成長してもらうために、仲「間」・空「間」・時「間」という遊びに必要な3つの「間」で創造力を養うきっかけを作っていただき、豊かな心が育まれる事を目的とし事業を開催しました。

10月15日(日)事業当日はあいにくの天候にも関わらず、小学校3年~中学校2年生の児童90名が入船中学校の体育館に来てくれました。
ドミノをやったことはあるものの、5万個と言う数は経験がないらしく、並べている途中に何回も倒れてはまた並べての繰り返し・・。
NPO法人 日本トミノ協会さんのお力添えもあり、各グループ協力しながら何とか形になりました。
あれだけ並べる時間を要したのにも関わらず、倒すのは一瞬で儚さも感じ、1日ドミノ倒しを経験したことで、子ども達の成長にも繋がったと思いました。

また、この事業の様子は10月28日(土)~11月3日(金)12:00~と20:00~行政情報番組「こちら浦安情報局」にて放映されますので、こちらも是非ご覧下さい。

最後に今回事業の開催にあたり、たくさんの方々のご理解、ご協力を賜りました事、厚く御礼申し上げます。

豊かな心育成員会一同

「e-みらせん」で政策本位による政治選択を

公益社団法人浦安青年会議所(浦安JC)では10月22日投開票の第48回衆議院選挙立候補者によるインターネットにおける政策動画「e-みらせん」を推進しています。
「e-みらせん」は公益社団法人日本青年会議所が展開する事業で、有権者にとって政治をより身近なものとして捉え、主体的な政治参加をしてもらう為に、いつでも日本全国の立候補者の政策・マニフェストを生の声で聞くことができます。
是非この「e-みらせん」を政策本位による政治選択にご活用ください。

e-みらせん http://www.e-mirasen.jp

千葉県第5区http://e-mirasen.jp/syuin/20171022syuinsen-cibakendai5ku

参加候補者:薗浦 健太郎氏、山田 厚史氏(届出順)※岡野 純子氏に関しては本事業の締切日までに参加の表明を頂けませんでしたので掲載を見送らせて頂きました。

浦安青年会議所は一人でも多くの有権者が選挙に足を運び、政策本位の候補者選びをしてもらえるようe-みらせんを実施しています。団体として特定の政党や候補者を応援することなく中立性を保ちます。また、公平性の観点から配信開始後に修正・追加をすることはありません。