8月第一例会「いかだでGO!~親子でペットボトルいかだ in 三番瀬~」御礼

8月19日(土)20日(日)に8月第一例会「いかだでGO!~親子でペットボトルいかだ in 三番瀬~」が行われました。

子ども達の遊びをとりまく環境は、パソコンや携帯型ゲーム機の普及により変化し、成長過程に必要な人や自然との直接的ふれあいが希薄になっている現代に、親子で自然と触れ合いながら遊び、その笑顔から健やかな精神的成長を育む事を目的に事業を開催しました。

8月19日(土)三番瀬の歴史や生物についての講演会後、2リットルのペットボトルを50本以上使い、養生テープとピニール紐で結束しながら親子で相談しながら個性あふれる独自のペットボトルいかだ作りを行いました。
出来上がったペットボトルいかだに〇〇号や、〇〇丸などの名前もつけて、翌日の出航の準備が整いました。

8月20日(日)心配された天候もみんなの願いが届き、曇り空の中、三番瀬日の出海岸にて、ペットボトルいかだin三番瀬を開催しました。
安全の為ライフジャケットを着用し、出航の合図が出ると、浮かぶかどうか恐る恐る着水。
なんと13基のいかだ全基が三番瀬の海に浮かびました!
親子2人で乗ってもビクともしないペットボトルいかだや、ベット型や、ソファーがついたペットボトルいかだ。中にはペットボトルを縦に並べて、安定感抜群のいかだまで、親子で協力しながら製作したペットボトルいかだに乗りながら、自然と触れ合いながらたくさんの笑顔が生まれました。

また、この事業の様子は9月9日(土)~15日(金)12:00~と20:00~行政情報番組「こちら浦安情報局」にて放映されますので、こちらも是非ご覧下さい。

最後に今回事業の開催にあたり、たくさんの方々のご理解、ご協力を賜りました事、厚く御礼申し上げます。





7月第一例会「サマーコンファレンス2017~仲間と歩もう日本道~」開催報告

先日、横浜で開催されました「サマーコンファレンス2017」に、浦安青年会議所メンバー有志で参加しました。
「サマーコンファレンス2017」は、参加者が、日本の未来像と日本JCが2017年度実施してきた成果に基づきパッケージ化された政策を理解し、自ら行動を起こす主体となることで、日本を変える運動が全国に展開されることを目的とし開催されました。全国の各地会員会議所様から、10,597名が本事業に参加いたしました。
浦安青年会議所から参加したメンバー全員が各種フォーラムを自らの成長に繋げ、今後の活動に活かして参ります。

また、20のセミナー・フォーラムを複数グループで受講し、その後グループワークによりフォーラム分析し、受講出来なかったセミナー・フォーラムについてもメンバー全員で共有しました。
浦安青年会議所としての目的であります、LOMメンバーの新たな価値観を喚起し、視野広げた能動的な人材への成長に繋げられたと考えます。
そして、最終日の安倍首相と青木会頭との対談は、我々の手でこの国を1mm動かせるかもしれないとの実感を得ることのできた強烈な原体験となりました。

浦安青年会議所では様々な自己成長の場を通じ、成長と同世代との懇親に繋げております。当日の画像と事業のメディア記事を下記に記載しましたので、参照頂ければ幸いです。

本大会を通じ、沢山の皆様に支えられご協力頂きましたことを心より御礼申し上げます。

公益社団法人 浦安青年会議所
無限の広場交流委員会 委員長 池田一貴

【当日の動画 ※各種セミナー・フォーラム、総理と会頭の対談等】
https://freshlive.tv/jaycee/138010

【画像】


【サマーコンファレンス2017 メディア記事】
http://www.kanaloco.jp/sp/article/266276
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040010_T20C17A7000000/
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/txn/news_txn/post_136819